【被害総額160万円】早く格安SIMに換えれば良かった 楽天モバイルが安くて優秀

毎月の固定費を節約したいんだけど、どうにかならないかなぁ?

特に通信費。どう考えても高い気がするんだけど、格安SIMってどうなの?

ころにぃ
ころにぃ

そんな疑問におこたえします。

 

本記事の内容
 格安SIM楽天モバイルで節約しよう

 おすすめ格安SIM 楽天モバイルを選んだ理由(メリット)

 おすすめ格安SIM 楽天モバイルを選んだ理由(デメリット)

 

ろにぃ
ろにぃ

こんにちは、今までめんどくさがっていたために、年間16万円もドブに捨て続けていたロニー(@ronnie_2020)です。

今回は思い切って妻と2人分のスマホを格安SIMに換えて大幅節約に成功した僕が、早く格安SIMにした方がいいよ!という内容の記事です。


毎月のしかかってくる通信費、家族全員分で数万円なんて金額になってませんか?

実はあまり気にしない方が多いのですが、通信費は見直しをすることで大幅に削減ができますよ。

少しでも毎月の固定費を抑えたいという方は、ぜひ最後までご覧ください!


格安SIM楽天モバイルで節約しよう

 

格安SIMで節約する

年間16万円節約するって大変ですよね?

僕の場合、『僕、妻のスマホ2台』『自宅の光回線』、合わせて『18,000円』程を長年払い続け、

『この通信費は削れるのでは?』

とようやく気付いたのがつい数か月前でした。

それまでもMNPやキャッシュバックを利用して安く買い替えたりはしていたものの、この格安SIMへの乗り換えにより大幅な節約に成功しました。

 

▮大手キャリア契約時

スマホ(本人) 約7,000円
スマホ(妻) 約7,000円
光回線 約4,000円
約18,000円

※機種代除く、各種割引含む

※2年ごとにMNP利用(一緒に光回線も乗り換え)

 

▮現在(楽天モバイル1年目)

スマホ(本人) 1,078円
スマホ(妻) 1,078円
光回線 1,980円
4,136円

※ダイヤモンド会員割引あり

 

▮2年目

スマホ(本人) 1,628円
スマホ(妻) 1,628円
光回線 1,980円
5,236円


大手キャリア利用時は2年間で、

18,000円×24か月=432,000円

楽天モバイル契約の現在は、

4,136円×12か月+5,236円×12か月+9,800円(3年契約解約金)=112,264円
なんとその差額319,736円、年間159,868円も節約ができたのです。
今までの無駄が悔やまれる金額ですよね。

おすすめ格安SIM 楽天モバイルを選んだ理由(メリット)

 

格安SIM 楽天モバイルを選んだ理由(メリット)


僕が数ある格安SIMから 楽天モバイル  を選んだ理由(メリット)は3つです。

  •  楽天市場ユーザー
  •  10分かけ放題
  •  データ容量超過制限1Mbps
.

楽天市場ユーザー

楽天市場で買いものをする人は絶対楽天モバイルを使うべき!

楽天モバイルを使うことで楽天市場での買い物はポイントが+2倍になり、通信費月額利用料100円につき1ポイント貯まります。

僕の場合、楽天モバイル契約前もネットショッピングは基本的に楽天市場を利用し、ランクはダイヤモンド会員。

楽天ポイントが貯まりやすくなるだけでなく、ダイヤモンド会員対象の割引もあり、更に安くなるのも魅力的でした。

.

10分かけ放題


楽天モバイルには10分以内の国内通話であれば何度でもかけ放題というサービスがあります。

格安SIMを検討した際、通話料は念入りに比較しました。

5分だと頻繁に越えてしまう可能性があるが、10分なら大丈夫。

せっかく基本料金が安くなっても通話料で高くなってしまっては意味がない。この10分かけ放題も大きな判断材料でした。

.

データ容量超過制限 1Mbps

データ容量超過制限により一番困ったことが、スマホをカーナビ代わりに利用する時でした。

仕事中カーナビの無い車を運転することがあり、知らない道を走る際、スマホは必須ですが、128Kbpsの制限がかかってしまうと地図アプリは使用できない。

その都度追加データ購入をし、その後は締め日まで忍耐。

しかし、楽天モバイルはデータ容量超過後の制限が1mbps

地図アプリはストレスなく閲覧でき、YOUTUBEでの動画再生も問題なし。

少ないデータ容量の契約であっても問題ないだろうと判断しました。

楽天モバイル 公式サイトでは動画で『制限時の繋がり具合』を配信してるので、気になったら確認してみてください。



おすすめ格安SIM 楽天モバイルのデメリット

 

格安SIM 楽天モバイルのデメリット


楽天モバイルを利用するにあたり、デメリットになるのではないかと気になったところが4つありました。

  1.  取り扱い機種が少ないのではないか
  2.  回線速度が遅いのではないか
  3.  キャリアメールが使用できない
  4.  楽天でんわアプリを使用しなければならない 
.

取り扱い機種が少ないのではないか


楽天モバイル販売する機種を見ると、その数は決して多くないんですよね。

しかも以前は取り扱いされていた『iphone』が現在では無くなっている様子。

しかし動作確認端末では『最新機種』の情報も掲載されていて、楽天モバイル以外から端末を購入すればiPhoneも使えるので心配いりません。

日本ではiPhoneユーザーが圧倒的に多いので、そこを外すわけにはいきませんよね。

.

回線速度が遅いのではないか


楽天モバイルに限らず、格安SIMは繋がりにくく遅いといった評価もあるようです。

しかし僕が利用した感覚では、以前の大手キャリアと比較しても全く遜色ない。

そもそもデータ容量の少ない契約をして、気を使ってwifi環境の無い場所でスマホを使用する機会が減りました。

気付いていないのかもしれませんが、それ位問題なく使用できています。

.

キャリアメールは使用できない


MNPで一番問題となるのが電話番号は変わらなくても、メールアドレスが変わってしまう点ですよね。

LINEでのやり取りが増えても、まだメールも利用することもあります。

やり取りをする人全員にアドレス変更を知らせなければならないという手間はホントに大変。

 

僕の場合、それを見越して数年前からキャリアメール(@docomo.ne.jp、@i.softbank.jp、ezweb.ne.jp)』の利用は控え、Gmailに切り替えていた為、機種を変える際にも変更連絡の必要がありませんでした。

これから格安SIMへの乗り換えを検討していて、メールアドレスが気になるなら、今後も見越して利用するアドレスを検討するのがおすすめです。

.

楽天でんわアプリを利用しなければならない


楽天でんわ10分かけ放題を利用するには楽天でんわアプリを利用しないといけない。

通常自分から電話をかける際には、アプリを起動して電話をかけるだけなので問題ないですが、毎月の請求を見ると必ず微妙に通話料が発生しています。

それは公式サイトにも、

Android OS,iOS上の通知画面から折り返し電話をかける場合、『楽天でんわアプリ』を利用した通話にはならず、20円/30秒の通話料が発生します


と記載されている落とし穴

ついやってしまうのです、通知画面からの折り返し電話

くれぐれもご注意ください。


【被害総額160万円】早く換えれば良かった 楽天モバイルが安くて優秀 まとめ

 

格安SIMで年間15万円節約できた【楽天モバイルにしてみた】まとめ

  •  格安SIM楽天モバイルで節約しよう
  •  おすすめ格安SIM 楽天モバイルを選んだ理由(メリット)
  •  おすすめ格安SIM 楽天モバイルを選んだ理由(デメリット)


以上、【年間16万円もドブに捨ててた】快適なのに節約できる格安楽天モバイルにつきまして解説してきました。

年間16万円、積もれば中古車1台買える程の大きい金額ですよね。

格安SIMはよくわからないか
今更変えるのは手続きが面倒だから

といった理由で高い通信費を払い続けている人は、一度見直をおすすめします。

ちなみに僕にとって楽天カード楽天モバイル で毎月あっという間に貯まるポイントは、妻に気付かれることない貴重な収入源となっています(笑)

【被害総額年間16万円】早く換えれば良かった 楽天モバイルが安くて優秀
最新情報をチェックしよう!