【無料】競合サイトの流入キーワードの調べ方

サイトを作る際に、競合サイトの流入キーワードを調べたほうがいいって聞いたんだけどなんで?どうやって調べるの?

そんな疑問におこたえします。

こんにちはろにぃです。サイト制作を始めてから10年

・月収100万円のサイトを作成、運営
・クライアントのサイトの作成、編集、管理
・SEO相談

などの経験を活かして、サイト制作やSEOについて情報発信をしております。

サイトを作る前に競合サイトの流入キーワードを調べろと言われても、どうやって調べたらいいのかさっぱりわからないですよね?

ぶっちゃけこれからサイト作りを始めようという方にかなりレベルの高い要求だなと思っています。実際ぼくが始めてサイトを作ったときは、競合サイトの流入キーワードなんて気にもしていませんでしたから。

とはいえリサーチを始めにやっておかないと、あとから悔やんでも悔やみきれない結果になるんです。

そこで今回は競合サイトの流入キーワードリサーチマニアのぼくが、

  • 競合サイトの流入キーワードを調べる必要性
  • 競合サイトの流入キーワードの調べ方

についてこれからサイト作りを始める初心者の方にもわかるように解説します。

更には「入手した流入キーワードをどう活用するのか」までお伝えします。

本記事をご覧頂くことで、あなたのサイトの質を2段階引き上げることができる内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください!

※本記事にはプロモーションが含まれます。

目次

競合サイトの流入キーワードを調べる必要性

競合サイトの流入キーワードを調べる必要性

『自分のサイトの流入キーワードを把握しろ』ならわかるけど、なぜ競合サイトの流入キーワード?

と思いますよね?競合サイトの流入キーワードを調べる理由は以下の通りです。

  1. 対策の優先順位を決める
  2. ユーザーのニーズを把握する
  3. 新規ユーザーの獲得

順番に見てみましょう。

対策の優先順位を決める

対策の優先順位を決める

競合サイトの流入キーワードを調べることで、優先的に対策すべきキーワードが見えてきます。

ドメインパワーに差がない競合サイトが上位表示されているキーワードなら、あなたにもチャンスがあるので、早期に狙うべきキーワードになります。

ドメインパワーの調べ方については以下の記事で紹介しています。

▶ 【無料ツールを使って】ドメインパワーの調べ方を徹底解説

ユーザーのニーズを把握する

ユーザーのニーズを把握する

キーワードはユーザーのニーズです。

悩んでいることがあり、解決したいから入力するのがキーワード。

競合サイトの流入キーワードを調べることで、気付けていなかったユーザーのニーズを把握し、あなたのサイト作りに活かすことができるんです。

新規ユーザーの獲得

新規ユーザーの獲得

競合サイトの流入キーワードから、あなたのサイトに足りていなかったキーワードを把握できます。

新たなキーワードを対策することで、これまでいなかった新規ユーザーを獲得することができ、アクセス数アップにつなげることができるというわけです。

競合サイトの流入キーワードの調べ方

競合サイトの流入キーワードの調べ方

競合サイトの流入キーワードを調べるにはツールを使います。

無料ツール、有料ツールそれぞれ紹介しますが、始めは無料でOKです。

  • 無料:Ubersuggest(ウーバーサジェスト)
  • 有料:hrefs(エイチレフス)

順に見ていきます。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

ウーバーサジェストは、

  • 月間検索回数
  • ページが獲得している掲載順位
  • そのキーワードから流入している推定アクセス数

などを調べることができるツールです。

無料版だと1日の検索回数に限りがありますが、最大の特徴は今回のテーマ、競合サイトの流入キーワードリサーチです。

使い方を紹介します。

ウーバーサジェストの使い方

  1. ウーバーサジェストにアクセスし、調べたいサイトのURLを入力する
  2. キーワードリサーチ>キーワード流入をクリックする
STEP
 ウーバーサジェストにアクセスし、調べたいサイトのURLを入力する
 ウーバーサジェストにアクセスし、調べたいサイトのURLを入力する
STEP
左側メニューのキーワードリサーチ>キーワード流入をクリックする
左側メニューのキーワードリサーチ>キーワード流入をクリックする

※無料版だと表示される流入キーワードは20個までですが、7日間無料体験があります。

CSVで出力しておけばいつでも確認できます。

これで競合サイトの流入キーワードを把握できるというわけです。

hrefs(エイチレフス)

hrefs(エイチレフス)

hrefsは有料ツールですが、競合サイト調査に必要な要素が全て含まれています。

無料ツールならいくつもかけ合わせ、使用制限を気にしながら数日かけてリサーチする必要があることを、エイチレフすなら数秒で全てできてします。

月額25,000円〜と高額なツールですが、ぼくの場合、他者様のサイト運営お手伝いにフル活用しているので元が取れています。

初めてのサイト制作時点で導入するにはかなりハードルが高いと思いますので、いずれ本格的にサイト運用を考える際には検討してみても良いかもしれません。

一応使い方を説明しておきます。

hrefsの使い方

  • hrefsにログインする
  • 競合サイトのURLを入力する
  • オーガニックキーワードをクリックする
STEP
hrefsにログインする
hrefsにログインする
STEP
競合サイトのURLを入力する
競合サイトのURLを入力する
STEP
オーガニックキーワードをクリックする
オーガニックキーワードをクリックする
STEP
完了

競合サイトの流入キーワード、検索ボリューム、難易度、競合の順位、URLが全て確認できます。

自分で申し込みをするには気が引けるけど、データに興味があるという方はぜひご相談ください!

競合サイトの流入キーワード情報を入手したらやるべきこと

競合サイトの流入キーワード情報を入手したらやるべきこと

競合サイトの流入キーワードを調べたら、一緒にURLが表示されます。実際にアクセスしてみて、競合サイトがキーワードに対してどんなコンテンツで対応しているのか確認してみましょう。

これはあなたのサイトに取り入れるかどうか検討するためです。徹底的にライバルを分析して、あなたのサイトをより良くバージョンアップしていきましょう!

流入キーワードは時期によって変化があります。サイト完成後も時々チェックしていきたいですね!

その他にもキーワードの検索ボリュームを調べたい場合は以下の記事をご覧ください。

▶ 【超有料級】キーワード検索ボリュームの調べ方を完全解説

キーワード関連でこちらも参考になると思います。

▶ 【99%の人が間違う】Wixのキーワード設定

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次