【2023年最新】事業用におすすめのWordPressテーマランキング

WordPressで事業用のサイトを作りたいんだけどテーマが必要だよね?
どれを選んだらいいのかわからないのでおすすめを教えて!

そんな疑問にお答えします。

こんにちはろにぃです。サイト制作を始めてから10年

・自分でサイトを運営
・クライアントのサイトの作成、編集、管理
・SEO相談

などクライアントワークの経験を活かして、サイト制作やSEOについて情報発信をしております。

本記事ではぼくが実際に使ってみたものから、購入時に調べ尽くしたWordPressテーマをランキング形式でご紹介します。

この記事をご覧いただければ、あなたがどのWordPressテーマを選ぶべきか判断できます。

と言いつつ忙しい方向けにいきなり結論ですが、ぼくのイチオシはこのサイトでも利用しているSWELLです。

  • 専門知識不要
  • プラグインが最小限で済む
  • 表示速度が速い

とにかくSWELLを選んでおけば間違いなしと言える程おすすめNO.1テーマです。

\ ろにぃいちおしワードプレステーマ /

※本ページはプロモーションが含まれています

目次

WordPressテーマ事業用おすすめランキング

これからWordPressテーマを導入するあなたにおすすめのランキングです。

スクロールできます
ランキング1位2位3位4位5位
テーマ名SWELLTHE THORAFFINGER賢威NANO
総合評価
サイト型
複数サイト利用
SEO対策
初心者向け
表示速度
バージョンアップ
金額17,600円16,280円14,800円27,280円34,800円
公式サイトSWELLTHE THORAFFINGER賢威
NANO

第1位 SWELL

ランキング1位
テーマ名SWELL
総合評価
サイト型
複数サイト利用
SEO対策
初心者向け
表示速度
バージョンアップ
金額17,600円
公式サイトSWELL

WP-searchの22年WordPressテーマ、人気シェアランキングNo.1のSWELL

今、日本でもっとも使われているテーマです。

こんな人におすすめ
  • 簡単で使いやすいテーマがいい
  • 表示速度が速い方がいい
  • WordPressアップデートに怯えたくない

専門知識不要、本格的なデザインが簡単にできる

SWELLは本来サイトデザインに必要なHTMLやCSSの知識はいりません。直感的に設定できる独自の機能だけで、本格的なサイトを作ることができるんです。

まるでプロがデザインしたようなサイトのできに、きっと驚くと思いますよ!

高速化設定を標準装備

SWELLには以下4つの高速化機能が備わっています。

  • キャッシュ機能
  • 遅延読み込み機能
  • ファイルの読み込み
  • ページ遷移高速化

ぼくが他のテーマからSWELLに乗り換えた際に記録したスコアです。

変更前 サイト表示スコア
変更前
変更後 サイト表示スコア
変更後

プラグインを増やす必要がなく高速化設定ができるので、表示速度にこだわりたい方はSWELLを使うべきです。

こまめなアップデート

SWELLはアップデートの回数がとても多い!毎週といってもいいくらいアップデートされているんです。

他のテーマだとWordPressアップデートの際、不具合が生じる可能性があるのでしばらく様子を見たほうがいいというのが一般的。

ぼくも実際に他テーマを利用時にアップデートで不具合が生じて、データの復元をすることになった経験があります。

その点SWELLは安心。常にバージョンアップを繰り返しているので、不具合が発生したこともなく、WordPressアップデートも安心して対応できます!

SWELLのメリット・デメリット

メリットデメリット
直感的で簡単に操作できる
表示速度が速い
複数サイトで使える
こまめにアップデートされる
他テーマと比べると高い

サイト制作の時間を短縮し、質が高く、安心して長く使えるサイトを作りたい!

という人はSWELLを選ぶのがベストです。

SWELLを安く買う方法

SWELLは2021年以降一切セールを実施していません。その人気とアフターフォローの手厚さから値上げを検討しているという噂があるほど。

唯一安く買う方法としては「エックスサーバー契約時にセットで購入する」です。

エックスサーバー契約時のSWELL価格 17,600円 → 16,720円

まだサーバーを契約していなければ、契約時に割引価格で購入できます!

エックスサーバーについて詳しく知りたい方は 使ってみてわかった】エックスサーバー7つのデメリット をご確認ください!

\ SWELLが割引価格で購入できる! /

\ おすすめランキング第1位 /

2位 THE THOR

ランキング2位
テーマ名THE THOR
総合評価
サイト型
複数サイト利用
SEO対策
初心者向け
表示速度
バージョンアップ
金額16,280円
公式サイトTHE THOR

初心者でもプロのようなサイトが作れるテーマ

これがTHE THORです!

こんな人におすすめ
  • 検索順位で上位を目指したい
  • デザインにこだわりたい

SEO対策に強い

THE THORはGoogleがサイト評価をする上で重視している点に対応したテーマです。

具体的には「表示速度が速い」「検索エンジンがサイト内を巡回しやすい構造」などサイト完成後も考えられて作られているんです。

細かい点までデザイン設定できる

トップページだけでもヘッダー画像をはじめ、お知らせ、ランキング、ピックアップ情報、人気記事、スライダーなど追加できる機能満載!

50以上の機能があり、他のテーマではできない設定までできてしまうんです。

THE THORメリット・デメリット

メリットデメリット
着せ替え機能で簡単にデザイン変更できる
プラグインを減らせる
SEOに強い
機能が豊富
マニュアルがシンプル
ブロックエディター非対応
プラグインによっては相性が悪い
費用が高い

サイトデザインにはこだわりたい!使いやすかったと評判のクラシックエディターを使いたい!

という人はTHE THORを使ってみてください。

THE THORを安く購入する方法

THE THORはレンタルサーバーのConoHa WING契約時に一緒に申し込みをすると割引価格で購入できます。

16,280円→14,960円

ConoHa WINGについて詳しく知りたい方は 【ConoHa WING 評判は本当?】デメリットと悪い口コミ・レビューのまとめ をご覧ください!

\ THE THORが割引価格で購入できる! /

\ おすすめランキング第2位 /

3位 AFFINGER

ランキング3位
テーマ名AFFINGER
総合評価
サイト型
複数サイト利用
SEO対策
初心者向け
表示速度
バージョンアップ
金額14,800円
公式サイトAFFINGER

(株)インフォトップで2022年度最も売れたWordPressテーマ

こんな人におすすめ
  • 人と被らないサイトにしたい
  • 検索順位上位を目指したい

カスタマイズ性が高い

AFFINGERは設定できる項目が多いテーマです。その分他のサイトと似通ったデザインを避けられるというメリットがあります。

自分でサイトを作り出すとやりたいことが増えてくるもの。そんな時に専門知識なしでも対応できるテーマがAFFINGERです。

SEO上位サイトが選ぶテーマ

「AFFINGERはSEOに強い」この評価の裏付けとして、検索順位上位サイトがAFFINGERを使っているケースが多く見受けられます。

SEOに強いとアピールするテーマはたくさんありますが、数値で比較できるわけではありません。その点AFFINGERは構造や機能がどうこうではなく、実績がそう言わせているのでしょう。

AFFINGERメリット・デメリット

メリットデメリット
細かいデザイン設定ができる
SEO上位サイトに人気
利用者が多い
独自プラグインが有料で高い
操作に迷う

検索順位上位を目指したいので、実績のあるテーマがいい!

という人はAFFINGERを選ぶのがベストです。

AFFINGERはキャンペーン等なし

AFFINGERは基本的に割引セールなどがありません。人気のテーマなので当然ですが。

新バージョン発売時にはセールを実施したこともありますが、その分定価の値上がりがありました。

割引を待っていると価格が上がるなんてこともあるので、欲しいと思ったタイミングで購入するようにしましょう!

\ おすすめランキング第3位 /

4位 賢威

ランキング4位
テーマ名賢威
総合評価
サイト型
複数サイト利用
SEO対策
初心者向け
表示速度
バージョンアップ
金額27,280円
公式サイト賢威

沈黙シリーズのウェブライダー、松尾氏監修で作られたSEOを考えつくしたテーマ

ぼくもSEOの勉強を始めた頃に読んだ松尾氏の著書

[itemlink post_id=”11019″]

[itemlink post_id=”11020″]

こんな人におすすめ
  • 手厚いサポートが必要
  • 多機能なテーマがいい

サポートフォーラムでwebのプロが悩みを解決してくれる

賢威には購入者へのサポート体制として賢威フォーラムが用意されています。

  • 初心者フォーラム
  • SEOフォーラム
  • WordPressフォーラム
  • ネットビジネスフォーラム
  • 協力フォーラム
  • 雑談フォーラム

製品に対するフォローにとどまらず、サイト制作後の運用についても相談ができる体制はオンラインサロンと言ってもいいほど。

これが買い切りで使い続けられるのは魅力ですよね。

コーポレートサイトに使える機能満載

  • 最新情報
  • お問い合わせ
  • ステップ図
  • お客様の声
  • Q&A(よくある質問)
  • CTA
  • テーブル(表)

賢威にはコーポレートサイトを作る上で「こんな機能があったらいいのに」というあらゆる機能が備わっているんです。

標準装備の機能を追加していくだけで、本格的なコーポレートサイトが出来上がります!

賢威のメリット・デメリット

メリットデメリット
独自のSEOマニュアルがもらえる
サポートフォーラムが充実している
複数サイトで利用可能
コーディング知識が必要
料金が高い

購入、制作後のサイト運営まで面倒を見てほしい!

という人は賢威を選ぶのがベストです。

賢威を安く購入する方法

お名前.comレンタルサーバーと契約していると

27,280円→20,900円

と大幅値引きが受けられる。サーバーはあとから変更してもOKです!

\ 賢威が割引価格で購入できる! /

\ おすすめランキング第4位 /

5位 NANO

ランキング5位
テーマ名NANO
総合評価
サイト型
複数サイト利用
SEO対策
初心者向け
表示速度
バージョンアップ
金額34,800円
公式サイトNANO

企業サイトに特化したTCDシリーズのWordPressテーマ

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • デモサイトがイメージとピッタリ
  • コンテンツが多くなりそう

人気のTCDシリーズ企業向け特化テーマ

TCDシリーズは国内シェアNO.1で累計10万件を超える販売実績。

その中でも「NANO」は企業向けサイトに特化したテーマです。

膨大なコンテンツをスマートに表示できる

テーマ別に分けられたお知らせ欄は訪問者に伝えたい情報をスマートに表示できる。

大企業レベルのサイトを最速で制作できるテーマがNANOです。

NANOのメリット・デメリット

メリットデメリット
成約への導線作りが簡単
サポート体制が万全
費用が高い
あくまででもサイトベースのデザイン

サイト内の情報が多くなりそう。トップページから各ページへの移行をスムーズにしたい!

という人はTCDテーマの「NANO」を選ぶのがベストです。

\ おすすめランキング第5位 /

⬆ ランキングに戻る

WordPressテーマ選びのポイント6つ

WordPressテーマ選びのポイントはこちら。

  1. SEO対策はどうか
  2. 初心者でも平気か
  3. 費用はいくらなのか
  4. サイト表示速度はどうか
  5. アップデート対応は頻繁にしているか
  6. 複数サイト利用可能か

ランキングは以上のポイントを重視して選びました。

ポイント①SEO対策はどうか

テーマによって極端にSEOに影響が出るかと言うと何とも言えません。

  • 内部SEOの設定がしやすい
  • 表示速度

などは影響があると言えますが、テーマ変えたからといって、劇的に検索順位が改善されるわけではありません。

「ユーザー目線のホスピタリティがあるサイトが作れるかどうか」が最も大事ですよ!

  • ユーザーが迷わない装飾ができる
  • モバイル端末でも使いやすいサイトが作れる

などユーザーにとって使い心地の良いサイトが作れるかどうか。これこそがテーマにおけるSEO対策の優劣だと思います。

ポイント②初心者で扱えるテーマか

機能が多ければ必ずしもいいというわけではありません。

高機能=初心者が挫折しやすい

というデメリットがあることも考慮すべきです。大事なのは数ある機能が初心者でも使えるような設計になっているかですよね。

ポイント③費用はいくらなのか

コーポレートサイトなら有料テーマが必須

過去に無料テーマで不具合を多数経験し、最後は強制的にテーマ変更をすることになった経験を持つぼくの結論です。

趣味ブログならいいのですが、あなたの事業の顔となるサイトなら、有料テーマで作り上げるべきです。

ただ少しでも安い方がいいのは当然。当然費用も比較検討材料に入れるべきですよね。

ポイント④サイト表示速度はどうか

テーマによって表示速度は変わります。

ぼくは実際にテーマ変更ごとにサイトの表示速度が変わっていくのを経験しました。

サイト表示速度はSEOに大きく関わってきますので、高機能でも重くなるようなテーマは避けましょう!

ポイント⑤アップデート対応は頻繁にしているのか

WordPressはわりと頻繁にバージョンアップをします。

テーマがそれについていけないと不具合が起こったりするんです。

すぐにアップデートして対応してくれなければ、せっかく購入しても使い物にならなくなってしまうので、まめにアップデートをしてくれるテーマを選びたいですね。

ポイント⑥複数サイトに利用可能か

テーマによっては一度購入すれば、いくつサイトを作っても追加料金は発生しません。

ぼくはこれまでWordPressサイトを30個以上作ってきましたが、もし1つ1つ有料テーマを購入していたら

約15,000円×30=450,000円

大きい経費ですよね。
逆に複数サイトに使えたから経費ではなく売上にできました!

複数サイトで利用可能かどうかは必ず確認しましょう!

事業用WordPressテーマならSWELLが1番!

最後にまとめます。

WordPressテーマ おすすめランキング

クラシックエディターでないとダメだという人ならTHE THOR、とにかく細かくカスタマイズしたいんだ!という人はAFFINGERがおすすめですが、これからWordPressサイトを作るならSWELL一択です。

初心者でも迷うことなくサイトが作れるし、どのテーマでも悩む表示速度に関しては現時点で最速!

こんな人気テーマがエックスサーバーとセットならば割引価格で購入できてしまう。

しかも一度購入すればいくつでもサイトを作れるのだからすぐに元がとれる。

サイト制作時間を短縮し、長く使えるテーマを求めるなら、人気NO.1テーマSWELLを選んでおけば間違いなしです。

\ ろにぃいちおしワードプレステーマ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次